本文へスキップします。

ここから本文です。

更新日:2021年3月8日

特例郵便等投票

特例郵便等投票について

新型コロナウイルス感染症により療養等をされている方でも、一定の要件を満たす場合、郵便等による不在者投票をすることができる制度です。

[※]ただし、濃厚接触者の方は対象ではありません。投票所等での投票ができます。(投票所におけるマスク着用や手指の消毒など感染拡大防止の徹底をお願いします。)

特例郵便等投票について詳しくは下記のチラシをご参照ください。

また、総務省および鹿児島県のホームページでも詳しく説明されておりますので、そちらもご参照ください。

対象者

新型コロナウイルス感染症により「自宅療養」又は「宿泊療養」をしている方で、投票用紙等の請求時点で、外出自粛要請又は隔離・停留の措置にかかる期間が、下記の期間にかかると見込まれる方。

  • 衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査:10月20日(水曜日)から10月31日(日曜日)
  • 知名町長選挙:12月1日(水曜日)から12月5日(日曜日)

投票用紙等の請求について

  1. 下記の請求書を印刷し必要事項をご記入ください。衆院選は10月27日(水曜日)、町長選12月1日(水曜日)の17時までに選挙管理員会必着となりますので、お早めに請求してください。
  2. 請求書を郵送する際は、下記の受取人払の表示を印刷し、定型サイズの封筒に貼り付けてください。切手は不要です。必ず封筒表面の「請求書在中」に丸をつけてください。また速達とするため、封筒の右上に赤線を引いてください。

  3. 封筒はファスナー付きの透明なケースに入れて、表面をアルコール消毒してください。その上で、代理人にポスト投函を依頼してください。日本郵便株式会社より透明なケースに入れて投函するよう依頼されているため、ご協力をお願いします。ファスナー付きの透明なケースの入手が困難な場合は、自宅にある透明なケースや袋等に入れ、テープ等で密閉し、表面をアルコール消毒してください。

[※]一連の作業を行う前には必ず、せっけんでの手洗いやアルコール消毒をしてください。また、マスクや使い捨てのビニール手袋を着用するなど、感染拡大防止にご協力ください

投票について

  1. 投票用紙等は、指定のご住所に送付します。中には、投票用紙、内封筒、外封筒、ファスナー付きの透明ケース、返信用封筒が入っています。
  2. 投票用紙に候補者名(衆議院比例代表の場合は政党名)を記載し、投票用紙を内封筒に入れ、さらに外封筒に入れて封をしてください。その後、外封筒の表面に投票年月日と投票場所を記入し、署名してください。
  3. 記入した外封筒を返信用封筒に入れ、返信用封筒表面の「投票在中」に丸をつけてください。
  4. 返信用封筒を透明ケースに入れて、表面をアルコール消毒のうえ、代理人にポスト投函を依頼してください。衆院選は10月31日(日曜日)、町長選12月5日(日曜日)必着です。投票用紙が届いたら、お早めに投票し、返送してください。

[※]一連の作業を行う前には必ず、せっけんでの手洗いやアルコール消毒をしてください。また、マスクや使い捨てのビニール手袋を着用するなど、感染拡大防止にご協力ください。

罰則について

特例郵便等投票の手続きにおいては、公正確保のため、他人の投票に対する干渉や、なりすまし等詐偽の方法による投票について、公職選挙法上の罰則(投票干渉罪(1年以下の禁錮又は30万円以下の罰金)、詐偽投票罪(2年以下の禁錮又は30万円以下の罰金))が設けられています。


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

知名町総務課

891-9295 鹿児島県大島郡知名町大字知名307番地

電話番号:0997-84-3156

ファックス:0997-93-4103

ページのトップへ戻る

reserve1

reserve2

reserve3