本文へスキップします。

ホーム > くらす > 子育て・教育 > 保育園・認定こども園(新型コロナウイルス関係情報)

ここから本文です。

更新日:2020年6月22日

新型コロナウィルス感染症防止対策に伴う保育所等の対応について(6月1日時点)

国の緊急事態宣言が解除されたことを受け、町内保育所等につきまして、令和2年6月1日から園児および同居する家族等が島外へ渡航する場合、以下の通りの対応としますので通知いたします。

 

1.県外に渡航し、帰島する場合

2週間の自宅待機要請等を解除いたします。

 ただし、地域によっては未だ感染者の発生が見られることから、当分の間、県外への不要不急の渡航は控えていただくようお願いいたします。

やむなく県外へ渡航する場合は、事前に園にお知らせいただき、渡航先では3密な状況・場所等は避けるようにしてください。なお、帰島後2週間程度の検温、健康観察を含め体調管理については、これまで同様、各ご家庭で徹底していただきますようお願いいたします。

 

 

なお 、新型コロナウイルス感染症については 、 日々状況が変化していることから 新たな知見や対処法等が 国 及び鹿児島県から示された場合には
随時 ホームページや書面を通じてご連絡いたしますことを申し添えます。

 

 

※お願い

子ども園、保育園では大事な命を守るため、緊張感をもって対応していきます。

保護者の皆様におかれましては、より一層の家庭での予防徹底をお願いします。

また感染者、濃厚接触者とその家族、新型コロナウィルス感染症の対策や治療にあたる医療従事者とその家族等に対する偏見や差別、

いじめが生じないよう、各家庭での配慮をお願いします。

 

 

保育所等の利用について

保育所等においては、手洗いや手指の消毒、毎時の換気、毎日の施設消毒、検温等を徹底し、感染拡大防止に努めており、保護者の皆様にもご協力をいただいているところですが、感染リスクが高まる「3密」のうち、「密集空間」と「会話・発声時の密接場面」が避けられない状況です。
以下のことについて、ご協力をお願いいたします。

 

(1)引き続き各家庭の検温をお願いします。

37.5度以上か風邪の症状がある場合は登園できません。保育園でも検温し、熱がある場合は連絡をさせていただきますので、お迎え等ご協力をお願いします。

(2)お子さまの免疫力を高めるため 、 十分な睡眠 、 適度な運動やバランスのとれた食事が摂れるようお願いいたします。

 

 

家庭保育のお願いにより欠席した場合の保育料について

新型コロナウイルス感染症蔓延防止により、町内の保育所等が臨時休園および家庭保育をお願いした場合の保育料につきましては

休園日数を日割り計算して令和2年9月頃にまとめて還付いたします。

9月以降の保育料につきましては、改めてお知らせいたします。

 

日割り計算の還付対象となる期間について

・令和2年4月2日(木)から4月4日(土) 臨時休園期間

・令和2年4月22日(水)から5月6日(水) 家庭保育の要請期間

・その他(令和2年5月7日以降について) 町から自宅待機の要請を受けた期間

 

 

家庭保育等で悩みを抱えている方へ

新型コロナウイルス対策に伴う経済状況の悪化や自宅待機の長期化により、子育てや家庭教育に悩や不安を抱えていませんか?

一人で悩まず、相談窓口にご相談ください。

 

「24時間子供SOSダイヤル」

 

子供たちが全国どこからでも、夜間・休日を含めて、いつでもいじめやその他のSOSをより簡単に相談することができるよう、全都道府県及び指定都市教育委員会で実施。下記のダイヤルに電話すれば、原則として電話をかけた所在地の教育委員会の相談機関に接続。

文部科学省 24時間こどもSOSサイト(外部サイトへリンク)

子ども・家庭110番(県中央児童相談所)

育ての不安、しつけ、性格のこと、いじめや不登校、家庭内暴力のこと、非行など……子どもにかかわる相談でしたら、何でもお受けします。困っている時、悩んでいる時、つらい時には相談してみてください。秘密は守ります。

子ども・家庭110番(県中央児童相談所)099-275-4152

鹿児島県ホームページ悩み相談窓口

(外部サイトへリンク)

 

 

 

よくある質問について

Q なぜ家庭保育の協力をお願いするのですか?
A 感染拡大防止のため、家庭で安全に過ごすことが可能な場合は、ご家庭での保育をお願いするものです。


Q なぜ、保育所等は休所(園)しないのですか?
A 保育所等は、就労支援を主目的としており、例えば、医療や介護、電気、ガス、水道事業、スーパーなど、様々な業種に就労する保護者のため保育を行っています。保育所等を休所(園)すると、保護者が就労できず、事業の継続が困難となることも予想されます。そのため、保育所等は通常どおりの開所が原則となります。

Q 家庭保育のために保育所等を欠席した場合は保育料が安くなると聞きましたが、手続はどのようにすればよいでしょうか?
A 臨時休園および家庭保育のために欠席した場合の保育料は欠席日数に応じて減免されます。手続は不要です。休園日数を日割り計算して令和2年9月頃にまとめて還付いたします。


Q 家庭保育のために欠席した場合の保育料の減免は、何日休む場合に対象になりますか?
A 対象期間(日曜、祝日を除く)に家庭保育のために欠席した場合は、1日単位で対象になります。

 

「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け)

新型コロナウイルスの影響による保育所等の臨時休業等に伴い、子どもの世話を保護者として行うことが必要となったことにより仕事ができなくなっている子育て世代を支援し、子どもの健康、安全を確保するため「小学校休業等対応支援金」を支給します。

詳しいことにつきましては、厚生労働省ホームページをご覧ください。

・新型コロナウイルス感染症による小学校休業等支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け)リーフレット(PDF:3,668KB)

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10231.html

 

関連サイト

・知名町コロナウイルス関連情報

 

・内閣府コロナウイルス関係情報(ホームページ)

https://www.cao.go.jp/others/kichou/covid-19.html

・鹿児島県コロナウイルス関係情報(ホームページ)

https://www.pref.kagoshima.jp/ae06/kenko-fukushi/kenko-iryo/kansen/kansensho/coronavirus.html


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

知名町子育て支援課

891-9295 鹿児島県大島郡知名町大字知名307番地

電話番号:0997-84-3170

ファックス:0997-93-3115

ページのトップへ戻る

reserve1

reserve2

reserve3