本文へスキップします。

ホーム > くらす > 町政情報 > 政策・方針 > 各種計画 > 奄美群島振興開発計画 > 奄美群島振興開発特別措置法(平成26年度~平成30年度)

ここから本文です。

更新日:2019年3月29日

奄美群島振興開発特別措置法(平成26年度~平成30年度)

奄美群島振興開発特別措置法(以下、奄振法)とは

奄美群島(鹿児島県奄美市及び大島郡の区域をいう。以下同じ。)の特殊事情にかんがみ、奄美群島振興開発基本方針に基づき総合的な奄美群島振興開発計画を策定し、及びこれに基づく事業を推進する等特別の措置を講ずることにより、その基礎条件の改善並びに地理的及び自然的特性に即した奄美群島の振興開発を図り、もつて奄美群島の自立的発展並びにその住民の生活の安定及び福祉の向上に資することを目的として制定された法です。

具体的に本町では、補助率の嵩上げ・税の優遇措置等を受けています。

奄美群島振興開発計画(平成26年度~平成30年度)

平成26年4月に施行された新しい奄美群島振興開発特別措置法に基づき,鹿児島県では,平成26年5月,今後5年間(平成26年度~平成30年度)の奄美群島の振興開発の方向と各島における振興方策を明らかにする「奄美群島振興開発計画」を策定しました。

この計画は、「地域主体の取組の推進」、「定住を促進するための方策」、「交流拡大のための方策」、「奄美群島が抱える条件不利性の改善」、「群島の生活基盤の確保・充実」の5本の柱を基本に、島ごとの特性に応じた振興開発が図られるよう定めたものであり、奄美群島の市町村をはじめ、地元住民、関係機関・団体等が一体となって、自立的発展を目指していくための基本となるものです。

奄美群島振興交付金

奄美群島の厳しい地理的、自然的、歴史的条件不利性を克服すべく、ソフト面を中心に、自らの責任で地域の裁量に基づく産業振興、雇用創出のための施策を後押しする交付金として創設。この交付金により、奄美群島の12市町村が共同で策定した「奄美群島成長戦略ビジョン」の具現化を促進。

条件不利性改善事業

1.奄美群島農林水産物輸送コスト支援

沖縄と自然的条件が類似する奄美群島の産業競争力を確保し、販路・生産拡大等を戦略的に実施するため、本土までの海上輸送費を支援。

【補助率】

備考

7/10

1.5/10

1.5/10

町負担の半分は特別交付税措置

2.奄美群島航路航空運賃軽減事業

奄美群島の一体となった振興と奄美群島住民の鹿児島本土とのより一層の結びつきを強化するため、県内路線に係る離島住民及び旅行者(群島内路線利用者)への運賃支援。

【補助率】

備考

6/10

2/10

1/10

町負担の半分は特別交付税措置

【航空路運賃軽減事業】

沖永良部島知名町航路運賃軽減事業(PDF:784KB)

平成26年7月19日(土曜日)搭乗分(購入は5月19日以降)から、奄美群島振興交付金を活用した「奄美群島航空運賃軽減事業」が実施されます。

離島航空割引

この割引運賃を利用するためには、「離島航空割引カード(以下、離島割引カード)」が必要です。離島割引カードは、役場町民課で発行していますので、まだお持ちでない方は早めのお手続きをお願いします。

割引になる運賃は下表のとおり(沖永良部島の例)

(単位:円)

区間

区分

普通運賃(片道)
平成26年7月19日~10月25日

割引運賃適用後

沖永良部⇔鹿児島

大人

33,000

15,150

小児

16,500

沖永良部⇔奄美大島

大人

18,900

8,650

小児

9,450

沖永良部⇔与論

大人

11,200

5,150

小児

5,600

*平成26年7月4日の運賃改定後の金額を掲載しています。

*運賃は、平成26年10月25日までの夏期ダイヤに関するものです。10月26日以降の運賃については、改めて発表される予定です。

ポイント!!

小児(満3歳以上12歳未満)においても、離島割引カードを利用した方が通常の小児運賃より安くなります。小児も運賃割引を利用するためには「離島割引カード」が必要です。

往復割引

対象路線:奄美大島=喜界島・徳之島・沖永良部・与論線、沖永良部=与論線

割引になる運賃は下表のとおり(沖永良部島の例)

(単位:円)

路線

普通片道

往復割引
平成26年7月4日~7月18日

往復割引
平成26年7月19日~10月25日

沖永良部⇔奄美大島

18,900

17,150

13,500

沖永良部島⇔与論

11,200

10,300

8,050

参考

【航路運賃軽減事業】

沖永良部島知名町航路運賃軽減事業(PDF:615KB)

平成26年7月19日(土曜日)搭乗分(購入は6月19日以降)から、奄美群島振興交付金を活用した「奄美群島航路運賃軽減事業」が実施されます。

対象者

対象航路

  • 鹿児島~奄美~沖縄航路(マルエーフェリー,マリックスライン)
    • 鹿児島~奄美群島各島間
    • 奄美群島各島間
  • 鹿児島~喜界~知名航路(奄美海運)
    • 鹿児島~奄美群島各島間
    • 奄美群島各島間

対象運賃

  • 普通運賃
  • 一般往復運賃
  • 島発往復運賃
    (小児運賃は,既存制度との関係から喜界~名瀬間のみ実施)

*自動車航送運賃、料金(洋室料金・寝台料金・船室貸切料金)、燃料油価格変動調整金、有人車・募集型企画旅行商品等の等級差額は対象外です。

対象区間・割引額

*割引額は大人1名1区間あたり

  • 鹿児島~名瀬、鹿児島~亀徳 2,400円
  • 鹿児島~和泊、鹿児島~与論 3,000円
  • 名瀬~亀徳、名瀬~和泊、名瀬~与論、亀徳~和泊、亀徳~与論、和泊~与論 600円

参考

*詳しくは、奄美群島航空・航路運賃軽減協議会(県交通政策課) 電話 099-286-2453までお問い合わせください。

3.奄美群島交流需要喚起対策

平成28年の「奄美・琉球」の世界自然遺産に向けた観光振興の為、東京などの島外から航空路線を利用する旅行者を対象としたモニター事業への支援。

【補助率】

備考

6/10

2/10

2/10

 

従来非公共事業

  • 農業創出緊急支援事業(補助率 国:36/60 県:10/60 町:14/60 地元負担の半分は特別交付税措置)
  • サンゴ礁保全事業、観光施設整備、防災関連施設整備等(補助率 国:5/10 県:1/10 町:4/10)
  • 奄美群島成長戦略ビジョンに掲載された事業(補助率 国:5/10 県:1/10 町:4/10)

奄美群島成長戦略ビジョン(PDF:1,682KB)とは:雇用創出のための重点分野として振興を進めてきた「農業」「観光/交流」「情報」の3分野を引き続き産業振興の基軸としつつ、奄美群島の地理的・歴史的独自性を発揮するための「文化」の活用と、魅力ある島を牽引する人材の誘致・集積を図るための「定住」の2分野を新たな価値を創出する分野として位置づけ、これらの分野を有機的に連携させた産業振興・人材育成施策の展開を図ることとする。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

知名町企画振興課

891-9295 鹿児島県大島郡知名町大字知名307番地

電話番号:0997-84-3162

ファックス:0997-84-3172

ページのトップへ戻る

reserve1

reserve2

reserve3