本文へスキップします。

ホーム > お知らせ一覧 > 知名町は、「SuMPO/カーボンニュートラル一斉行動宣言」 に賛同し、2050年カーボンニュートラルを目指します。

ここから本文です。

更新日:2022年9月2日

知名町は、「SuMPO/カーボンニュートラル一斉行動宣言」 に賛同し、2050年カーボンニュートラルを目指します。

 2022年9月1日、一般社団法人サステナブル経営推進機構(東京都千代田区、理事長:石田秀輝・専務理事:壁谷武久、以下、「SuMPO」という。)は、内部にて検討を進めてきた「SuMPO/カーボンニュートラル一斉行動」をとりまとめ、会員企業31社から賛同を得て、ここに2050年カーボンニュートラル達成を目指すことを宣言いたします。
SuMPOは、2021年6月に、「SuMPO/カーボンニュートラルイニシアティブ(以下、SuMPO/CN戦略)」を策定し、4つの視点(①信頼あるカーボン指標の提供、②グローバル市場における日本の脱炭素技術・サービス力のアピール、③供給者×需要者間でのコミュニケーション促進、④SuMPO自らの率先行動)から具体的なアクションプランとして12の提案を行っており、④SuMPO自らの率先行動の一つとして会員による「カーボンニュートラル宣言一斉行動」を掲げてきました。
その実行のため、2022年3月のSuMPO理事会にて取組に関する承認を経て、同年4月に会員を対象としたカーボンニュートラルへの取組の現状や課題、意欲を把握し、そして翌5月には機構内に「カーボンニュートラル宣言一斉行動検討会」を設置して、全会員向けの研修会を3回、検討会を同じく3回開催し、以下の「SuMPO/カーボンニュートラル宣言一斉行動」の内容を取りまとめました。

<SuMPO/カーボンニュートラル宣言一斉行動の概要>

1. 趣旨
カーボンニュートラル2050に向けた達成は、長期間にわたる継続的な取り組みが重要であり、個社での取組は人的、資金的、ノウハウ的な制約を伴うことから、SuMPOのうち先行する会員が相互に知恵を出し合い、互いに切磋琢磨して目標達成に取り組むことで、確実な成果を得られることを目指します。また、先行する会員の様々なノウハウの蓄積を、続く会員企業等に情報発信する事で、取組のすそ野をさらに広げ、カーボンニュートラル2050に向けた達成と共に、SuMP Oの行動理念である「サステナブル経営(持続可能な経営)」の推進をより着実なものとします。
2. 全体目標
2050年カーボンニュートラルの実現を目指す
3. スローガン
我々は、2050年カーボンニュートラル達成を目指します。
-「共感」、そして「共創」、やり遂げよう将来世代のために-
4. 個別行動計画の策定の推進
賛同企業においては、目安として、以下の内容に基づく個別行動計画(チャレンジプラン)を2023年3月末までに策定(各社の事情に応じて前後に時期を設定することも可)し、その実行に移行することを目指す。
【チャレンジプランの構成】
① 対象範囲(グループ全体、本社、事業部など)
② チャレンジ方針(経営者としての実施方針)、スローガン
③ 現行のCO2排出量(Scope1.2)の算定 ※Scope3の把握は個別対応
④ 気候関連のリスク(移行・物理的)と機会 ※任意項目
⑤ 削減目標(定量目標:2020年比2030年〇〇%、定性目標:組織としての経営・社会面での成果目標)
⑥ ロードマップと削減行動(対応課題、優先順位(効果、コスト、緊急度等を加味したもの))
⑦ 組織体制
⑧ 先行的追加事項(SBT認定、TCFD情報開示、製品LCA(カーボンフットプリント)、その他先行事業等)※任意項目
⑨ 情報開示の有無及び方法等 ※任意項目
⑩ 「チャレンジレポート」※初年度の翌年からは成果を取りまとめた結果を「チャレンジレポート」として追補
今般、本「SuMPO/カーボンニュートラル宣言一斉行動」をもとに、会員企業を対象に賛同企業を募集したところ、以下の31社から賛同を得ました。
SuMPO/カーボンニュートラル一斉行動宣言 賛同企業一覧

SuMPO/カーボンニュートラル一斉行動宣言 賛同企業一覧

SuMPO/カーボンニュートラル一斉行動宣言 賛同企業一覧(31社) ※敬称略

石塚化学産業株式会社 代表取締役社長 石塚 勝一 東京都北区
いその株式会社 代表取締役社長 磯野 正幸 愛知県名古屋市
株式会社industria 代表取締役 高橋 一彰 埼玉県入間市
株式会社エムシープランナーズ 代表取締役 畠山 文明 東京都江東区
株式会社近江物産 代表取締役会長 芝原 茂樹 滋賀県栗東市
オーシャンウエイオレンジリミテッド合同会社 代表社員 浅野 師郎 愛知県あま市
大塚産業マテリアル株式会社 代表取締役社長 大塚 誠嚴 滋賀県長浜市
株式会社オギノ 代表取締役 荻野 光一 群馬県太田市
株式会社カヌチャベイリゾート 代表取締役社長 白石 武博 沖縄県名護市
株式会社グレイス 代表取締役 安井 悦子 東京都千代田区
グランディール株式会社 代表取締役 村松 靖子 東京都世田谷区
株式会社神戸酒心館 代表取締役社長 安福 武之助 兵庫県神戸市
株式会社サーテック 代表取締役会長 石和田 東京都青梅市
サニーライブホールディングス株式会社 代表取締役社長 中村 正治 富山県高岡市
株式会社SEE THE SUN 代表取締役社長 金丸 美樹 神奈川県三浦郡
積水化学工業株式会社 代表取締役社長 加藤 敬太 東京都港区
株式会社タイボー 代表取締役社長 平野 二十四 和歌山県和歌山市
株式会社TBM 代表取締役CEO 山﨑 敦義 東京都千代田区
日本ボレイト株式会社 代表取締役 浅葉 健介 東京都千代田区
株式会社羽生田鉄工所 代表取締役 羽生田 豪太 長野県長野市
富士合成株式会社 代表取締役社長 安藤 彰彦 茨城県結城市
株式会社フルハシ環境総合研究所 代表取締役 浅井 豊司 愛知県名古屋市
ブルードットグリーン株式会社 取締役社長 八林 公平 東京都千代田区
有限会社本郷精巧 代表取締役 本郷 英男 栃木県佐野市
株式会社マサオプレス 代表取締役 宮澤 神奈川県川崎市
株式会社マルツホールディングス 代表取締役社長 土谷 秀靖 福井県福井市
リファインホールディングス株式会社 代表取締役社長 川瀬 泰人 東京都千代田区
日本プラスチック有効利用組合 理事長 平野 二十四 東京都中央区
鹿児島県知名町 町長 今井 力夫 鹿児島県知名町
鹿児島県和泊町 町長 登志朗 鹿児島県和泊町
一般社団法人サステナブル経営推進機構 理事長 石田 秀輝 東京都千代田区

SuMPO全体でのPDCAサイクルイメージ

 今後、下図のようなSuMPO全体でのPDCAサイクルを骨格として、賛同企業と共に個別企業ごとの「チャレンジプラン」を随時情報交換の場を持ちながら、無理なく着実な行動計画として策定していくこととしています。

SuMPOは、こうした我が国でも珍しい「先導的」かつ「ユニーク」なカーボンニュートラルの実現に向けた「共創」型アクションの実行を「伴走型(ハンズオン)」で支援することで、「カーボンニュートラルって何すればいいの?」といった社会全体での不安や疑問に応えられるよう、今後の経過や成果を含めて発信してまいります。

 

イメージ

リンク先 

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000079969.html

お問い合わせ

知名町企画振興課

891-9295 鹿児島県大島郡知名町大字知名307番地

電話番号:0997-84-3162

ファックス:0997-84-3172

  • くらす
  • 遊びに行く
  • 移り住む

ページのトップへ戻る

reserve1

reserve2

reserve3