知名町トップ > くらしのガイド > 暮らしと生活 > 住基カード > 住基ネット概要

住基ネット概要

概要

平成15年8月25日から住基ネット二次サービスがスタートしました。
一次サービス以降、当町に保有している本人確認情報(住民票コード・氏名・生年月日・性別・住所及びこれらの変更情報)を各行政機関に提供しています。
現在、それまでパスポートの交付申請時に必要だった住民票の写しの添付が省略されるなど、サービスは既に始まっていますが、二次サービスでは、住民基本台帳カードの交付(希望者のみ)が始まり、以下のサービスが受けられるようになりました。

住基ネット二次サービス内容

○全国どこの市区町村でも、住民票の写しが取れるようになります。

住民基本台帳カードや運転免許証などを窓口で提示すれば、全国の市区町村で本人やその同一世帯の住民票の写しの交付が受けられるようになります。(本籍地・筆頭者は記載されません。)

○転出の手続きが簡単になります。

住民基本台帳カードの交付を受けている方は、当町に郵送で転出届を行うと(付記転出届といいます)、転出証明書を持参しないで、引越し先の市区町村での転入届ができます。

○写真付きの住民基本台帳カードは身分証明書として活用できます。

住民基本台帳カードには、写真付きもあります。希望すれば、身分証明書としても活用できます。また、公的個人認証サービスも受けられます。

ページの先頭へ戻る

住民基本台帳カードの申込み方

(見本)

住民基本台帳カード(見本)

 

Q&A 住基ネットってどんなもの?

Q1 住基ネットとは?

 各市区町村が記録、管理していた住民基本台帳を結んだネットワークのことで、行政機関等への手続きを簡単かつ確実にするための本人確認を行う、全国共通の仕組みです。

Q2 住基ネットにはどんな情報が記録されているの?

 住民票コード・氏名・生年月日・性別・住所及びこれらの変更情報だけで、他の情報は一切記録されません。

Q3 住民票コードって?

 無作為の11桁の番号でいつでも変更できますが、番号の指定はできません。行政機関等への届出の際に、求められることもありますので、知っておく必要があります。また、民間部門への利用は法律で禁じられているため、番号を聞かれることはありません

Q4 安全性は?

 住基ネットでは、皆様の大切な個人情報を取り扱っているため、その保護をもっとも重要な課題とし、制度面、技術面、運用面などあらゆる面で十分な対策を行っています。
具体的には、外部からの侵入を防ぐため、住基ネットの入り口に安全性の高い機器を設置し、24時間ネットワークの監視を行っています。
また、システムを操作する職員を限定し、担当職員以外や外部の人が住基ネットを利用できないようになっています。

Q5 住民基本台帳カードから、個人情報が漏れたりしないの?

 住民基本台帳カードは、高度なセキュリティ機能を備えたICカードを採用し、情報が記録されている領域に鍵をかけることで、プライバシーを守ります。
また、本人だけが知っている暗証番号がないと利用できないため、万が一紛失し、他人が利用しようとしても出来ません。

 

住基ネットの詳細については、以下のホームページにも掲載されています。
住民基本台帳ネットワークに関する情報(財団法人地方自治情報センターホームページ)

ページの先頭へ戻る
ページを印刷する
投票数:132 | 平均点(役に立った10点中):3.64
知名町の人口
平成29年10月1日現在
男:3,046人(前月比-10)
女:3,043人(-8)
計:6,089(-18)
世帯数:3,088世帯(-8) 
月別住民基本台帳人口はコチラ
知名町の概要
町制施行 昭和21年9月1日
町面積   5,330ha