知名町トップ >  町制施行65周年記念事業

町制施行65周年記念事業

記念式典の模様をライブ配信します 

配信日:平成23年12月18日(日)午前9時30分から午前11時30まで

 

周知PR用

 

 町制施行65周年記念式典

47:39から式典の記録映像となります

<

 

 

産業まつり

 

1はじめに


 知名町は昭和21年9月1日に町制を施行し、平成23年9月に65周年を迎えます。65年という長き年月を振り返ると、昭和52年の沖永良部台風襲来など、さまざまな試練と苦難を町民の皆さんとともに乗り越え、今日の知名町が築き上げられてきました。先人達が心血を注ぎ、夢と情熱を抱いてまちづくりに取り組まれた成果が今ここにあります。
 しかしながら本町の人口は、昭和30年には14,000人を超えていましたが、それ以降は下降の一途をたどり、平成19年には、7,000人を割り込み、人口減少とあわせて少子高齢化が大きな課題となってきています。
 このような歴史的な事実の上に立ち、本町は、「豊かで 明るい 住みよいまちづくり」をキャッチフレーズに、福祉・教育・産業の振興のために各種施策を展開し、「子供達が夢を抱けるまち」「若者が定住できるまち」「高齢者が安心して暮らせるまち」の実現に向けて様々な施策に取り組んでいます。そのひとつとして、6月には、情報通信格差是正を図るために光ファイバーを使用した「フローラル光ネット」が開通し、町民生活の向上・経済の発展・雇用機会の拡大・行政の効率化などで期待されています。また、8月には、長年の懸案であった知名小学校の新校舎が完成します。
 町制施行65周年を迎えるにあたり、『花ひらく 夢ひらくまち フローラルちな』づくりを、全町民の和と英知を結集し、一丸となって築き上げていかなければなりません。

2基本的テーマ


 「みんなで創り みんなで育む みんなのまち」を基本理念に地域の自立促進を図り、町民一人ひとりがそれぞれの能力や経験を生かしながら「ずっと住み続けたい まちづくり」を実現する。

3記念事業実施期間


 平成23年7月25日から平成24年3月31日までとする。

4実行委員会の設置


 記念事業の円滑な運営を図るため、実行委員会を置く。

5事業内容


 (1)記念式典
  昭和21年9月1日が知名町誕生の日であり、平成23年9月1日を記念の日とするが、記念式典・講演及び祝賀会を12月18日に行う。
 (2)イベント
  町民体育大会、生涯学習フェスティバル、産業まつりなどのイベントについては、「町制施行65周年記念」の冠を付けるとともに内容の充実を図る。
 (3)記念施設
  知名小学校校舎を記念施設とする。
 (4)PR活動
  観光大使の設置、各沖洲会との連携、マスコミの活用、ロゴマークの作成など。
 

6催事計画

月日 催事名 場所
9月1日(木) 知名小学校新校舎開校式 知名小学校
9月16日(金) 合同金婚式 フローラル館
10月9日(日) 町民体育大会 大山グラウンド
11月5日(土) 生涯学習フェスティバル(展示) 町民体育館
11月6日(日) 生涯学習フェスティバル(展示・式典)

町民体育館

あしびの郷・ちな

12月18日(日) 町制施行65周年記念式典 あしびの郷・ちな
町制施行65周年記念祝賀会 フローラル館
12月18日(日) 産業まつり あしびの郷・ちな
平成24年1月2日(月) 町内一周駅伝大会  
成人式  


 

7おわりに


 この記念事業を実りあるものにするためには、町民一人ひとりがこの事業の意義を理解し、進んで自らの仕事として創意工夫と議論を重ね、記念事業の企画立案に精魂を傾注しなければなりません。また、実行委員会を発足させ、町民と行政が一丸となってこの事業に取り組む必要があります。
 全町民で町制施行65周年を祝福することで、近い将来に「豊かで 明るい 住みよいまちづくり」が実現できるものと確信しています。

 
 

 「問合せ先」
   町制施行65周年記念事業実行委員会事務局「企画振興課 電話0997-93-3111(内線146)」