救急医療情報キット交付事業を始めました。

知名町トップ > くらしのガイド高齢者福祉 > 救急医療情報キット交付事業

 救急医療情報キットは、ひとり暮らしの高齢者の安心・安全を確保するため、かかりつけ医や持病などの医療情報、健康保険証(写し)や緊急連絡先などの情報を専用の容器に入れ、自宅の冷蔵庫に保管しておくことで万一の緊急時に備えるものです。

 「もしも・・・」のときに、かけつけた救急隊員がキットの情報を確認することで、適切で迅速な処置が可能となり、家族への連絡もスムーズに行えます。

 なぜ、冷蔵庫に保管するかと言うと、駆けつけた救急隊員がすぐに救急医療情報キットを探し出す必要があります。そのために最適な場所が冷蔵庫です。

〈対象者〉

・65歳以上のひとり暮らし高齢者及び65歳以上の高齢者世帯

・日中、ひとりになることがある65歳以上の高齢者

・身体障がい者手帳、療育手帳又は精神障がい者保健福祉手帳のいずれかの交付を受けている方

〈保管容器に入れるもの〉

 1.救急情報シート

 2.健康保険証(写し)

 3.診察券(写し)

 4.薬剤情報提供書(写し)

※1は必ず入れてください。2〜4は準備出来るものだけで良いです。

〈付属品〉

マグネット・・・救急医療情報キットを置いた場所がわかるよう、容器の入っている冷蔵庫等の扉に貼り付けて下さい。       

スッテカー・・・救急医療情報キットを置いている事を知らせる為に、玄関の内側(防犯のため)に貼り付けて下さい。

         

〈申請窓口〉

・交付を希望される方は、地域包括支援センターで「救急医療情報キット交付申請書」と救急医療情報シートに必要事項を記載して提出して下さい。

救急医療情報キット交付申請書はこちらです。

・申請時には印鑑をご持参ください。ご家族などの代理申請も可能です。

・申請時に健康保険証、診察券、薬剤情報提供書等をお持ちいただければ、写しをとってお渡しします。

 

※ かかりつけ医療機関等の変更や、持病内容の変化がありましたら、随時救急情報シートに書き込んでください。新たなシートが必要になった場合は包括支援センターに申し出て下さい。

 

(お問い合わせ先) 知名町地域包括支援センター 電話番号 0997−81−5511

 

 

ページの先頭へ戻る
ページを印刷する
投票数:37 | 平均点(役に立った10点中):3.78
知名町の人口
平成29年10月1日現在
男:3,046人(前月比-10)
女:3,043人(-8)
計:6,089(-18)
世帯数:3,088世帯(-8) 
月別住民基本台帳人口はコチラ
知名町の概要
町制施行 昭和21年9月1日
町面積   5,330ha