知名町トップ > くらしのガイド > 暮らしと生活 > 障害福祉 >障害者手帳


障害者手帳とは


様々な福祉サービスを利用しやすくなる制度です。それぞれの障害によって手帳は異なります。手帳を取得する為には、役場での申請が必要になります。手帳取得後に、障害の状態が変更になったり、県外へ転出したり、氏名が変わった場合は「変更の申請」、手帳を紛失したり破損した場合には、「再交付」が必要です。


1.身体障害者手帳


交付申請には、県知事の指定を受けた医師の診断書が必要です。 手帳は、障害の程度によって重い方から1〜7級の区分があり、等級によって援助の内容が異なります。


障害の範囲


・視覚障害


・聴覚障害または平衡機能障害


・音声機能、言語機能又はそしゃく機能の障害


・心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう又は直腸、小腸、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能の障害


・肢体不自由


☆必要な書類 ・申請書   ・写真(たて 4cm×よこ 3cm、脱帽の写真)   ・医師の診断書   ・印鑑


2.療育手帳


知的障害(児)者が福祉サービスを利用するときに必要な手帳です。 等級:A1・A2・B1・B2・(重度の順) 事前に判定が必要です。 ※18歳未満:大島児童相談所(2年毎に更新が必要) ※18歳以上:知的障害者更生相談所


☆必要な書類 ・申請書   ・写真(たて 4cm×よこ 3cm、脱帽の写真)  ・印鑑


 3.精神障害者保健福祉手帳


精神疾患を有する方のうち、精神障害のため長期にわたり日常生活又は社会生活への制約(生活障害)がある方が対象です。本人の申請により交付されます。手帳を取得することで、様々な福祉サービスを利用することができます。 等級:1級・2級・3級(重度の順) 有効期限:2年間(更新手続きは3ヶ月前からできます。)


☆必要な書類 ・申請書   ・写真(たて 4cm×よこ 3cm、脱帽の写真)  ・印鑑 ・かどちらか 医師の診断書 年金証書の写し・直近の年金振込通知書の写し

ページの先頭へ戻る
ページを印刷する
投票数:57 | 平均点(役に立った10点中):8.25
知名町の人口
平成29年10月1日現在
男:3,046人(前月比-10)
女:3,043人(-8)
計:6,089(-18)
世帯数:3,088世帯(-8) 
月別住民基本台帳人口はコチラ
知名町の概要
町制施行 昭和21年9月1日
町面積   5,330ha