知名町トップ > くらしのガイド > 暮らしと生活 > 児童福祉 > ひとり親家庭等医療費助成制度

ひとり親家庭等医療費助成制度

ひとり親家庭等医療費助成制度の目的

母子家庭や父子家庭等の方々の健康と福祉の増進を図るため、保険診療による医療費の一部を助成します。

受給資格について

ただし、次に該当する場合は受けられません。

※児童とは18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある人、または20歳未満で障害者手帳の3級に該当する程度の障害の状態にある人をいいます。

受給資格の申請について

対象者は、町の窓口で受給資格認定申請の手続きを行い、受給者証の交付を受けてください。

受給資格認定に必要なもの

受給資格申請に必要なもの

 その他必要に応じて提出する書類がありますので、詳しくはお問い合せください。

助成金の額等

保険診療による一部負担金の額を助成します。

助成の対象外となるもの(下記のものを差し引いた額が助成されます)

 

助成金の請求方法

 知名町役場子育て支援課窓口で申請用紙を受け取り、必要事項を記入し、医療機関の証明を受け、再度、子育て支援課窓口へ提出してください。
 証明書を提出するときは必ず受給者証をご提示ください。

※町外の医療機関で受診した場合でも対象となります。
※なお、領収書(受診者氏名・受診年月日・保険点数・保険診療による一部負担金・領収書などの必要事項が記載されているものに限る(レシートは不可)。)を申請書に添付した場合は、医療機関の証明の必要はありません。
※支給申請書は知名町のホームページからもダウンロードできます。また、本人記入欄記入後コピーしたものや、ワープロ入力されたものでも使用できます。

「様式関係」
ひとり親家庭等医療費助成申請書(84KB/PDF)
ひとり親家庭等医療費助成申請書(41KB/Word)

現況届け

受給者は、毎年現況届けを提出することになっています。期間内に届け出がない場合は、8月以降の助成が受けられませんので必ず届け出をしてください。なお、案内状などを8月上旬までに受給者に郵送します。

現況届に持参するもの

※18歳以上20歳未満の児童で、障害者手帳の3級以上に該当する場合は障害者手帳もご持参ください。
 

町村民税の申告について

本年1月2日以降に本町に転入された方は、前住所地の市区町村が発行する本年分の所得証明書が必要です。(証明書は1月1日現在の居住地でご請求ください。)
また、本年1月1日現在知名町に住所がある方で、本年度市県民税の申告がお済みでない方は、必ず申告手続きをお済ませください。(本人、同居の扶養義務者とも)
(同居の扶養義務者とは、住民票世帯を別にしていても、同じ家に居住されている、父母・祖父母・子・孫・兄弟姉妹は全員含みます。)

助成金の支給日

支給申請書を提出した月の翌月の最初の水曜日の翌週の木曜日
※助成金の請求期限は、診療の翌月から起算して6カ月以内となっています。

 届出、手続き一覧

以下のようなことがあったときには、すみやかに必要な手続きをお願いします。

こんなとき 手続きに必要なもの 手続き内容など
住所や氏名が変わったとき 受給者証 受給者証の記載内容の修正をします
保険証が変わったとき 受給者証、対象者全員の健康保険証
振込口座を変えるとき 受給者証、受給者名義の預貯金通帳等
受給者証をなくしたとき 対象者全員の健康保険証 受給者証を再発行します
受給資格を喪失するとき(再婚する、町外へ転出する、生活保護の医療扶助や他法による医療費助成を受ける場合等) 受給者証
(口座変更の予定がある方は受給者名義の預貯金通帳等)
受給者証を返還していただくか、ご自分で破棄していただきます

 

【問い合わせ先】
知名町役場子育て支援課
Tel:0997-84-3170