本文へスキップします。

ホーム > くらす > 子育て・教育 > 子育て支援事業 > 知名町子ども・子育て支援事業計画パブリックコメントの実施結果の概要

ここから本文です。

更新日:2020年3月23日

知名町子ども・子育て支援事業計画パブリックコメント実施結果の概要

募集概要

 知名町では、子ども・子育て支援の充実に向けた取り組みをニーズに即して計画的に推進するため、平成27年度~平成31年度を計画期間とする「知名町子ども・子育て支援事業計画」を定めています。

この度、次期計画である「第2期 知名町子ども・子育て支援事業計画」について取りまとめましたので、町民の皆様からのご意見を

募集いたしました。

意見を提出できる人 

 1知名町に住所がある個人又は町内に事業所を有する法人・団体

 2知名町に通勤又は通学している人

意見提出者数及び提出件数

(1)提出者数 3人  提出件数 3件

(2)提出方法

   窓口提出 1件

   FAX  0件

   Eメール 2件

 

資料の開示方法

(資料の内容)

 第2期 知名町子ども・子育て支援事業計画

(閲覧方法等)

1 閲覧用資料の設置 6か所(知名町子育て支援課、知名町保健センター、認定こども園すまいる、認定こども園きらきら、

               しらゆり保育園、知名放課後児童クラブ「しらゆり」)

2 町ホームページ掲載

提出意見の概要

 頂きました意見につきましては、教育・保育の提供体制に関わるご意見、地域子ども・子育て支援事業の提供体制に関わるご意見、その他ご意見として取りまとめました。

認定こども園・保育園に関するご意見

 意見等の概要  考え方(対応)   
保育士の人材確保が困難で定員以下の運営で待機児童が発生している。                                                                                                             人材確保の為に他の自治体の取り組み事例を参考に政策を打ち出して欲しい。  全国でも保育士不足は重大な問題であり離島である本町におきましては、より深刻な問題となっております。地縁や血縁、元職員や知人等へ声をかける人材掘り起しやハローワーク、防災無線、広報誌での呼びかけによる募集も行い、人材確保に努めています。頂いたご意見には他の自治体の取り組みも紹介されており、その取り組みには財源を伴うものもありました。本町としても財政と協議し、他の自治体の取り組みを参考に人材確保に有効な施策を検討します。

 

地域子ども・子育て支援事業に関するご意見

  

 意見等の概要  考え方(対応)

自宅保育に限界を感じている家庭は少なくないので、一時保育、託児、ファミリーサポートなどのニーズに応えて欲しい

 

現在、町が主体となって実施している一時預かり事業や子育て広場を社会福祉法人、NPO法人、民間事業者へ委託することや、その他事業としてファミリーサポート事業についても実施を視野に検討を進めます。

 

その他のご意見

 意見等の概要  考え方(対応)

〇5歳児以上の子どもが遊べる遊具がない。 

〇土日、暑い日、雨の日、子どもが遊べる場所がないので体育館・こども園のおゆうぎ室を解放して欲しい。 

〇託児付きヨガ等、こどもを預けられるイベントは気持ち的に参加しやすく保護者の意見交換の場にもなる。

〇こども園の園庭を午前中、曜日を固定して利用させて欲しい。

〇登校できない子ども達の中には、コミュニケーションがうまくいかない、他の児童の目が怖い等、困難な悩みを抱えている児童もいる。学校、養育施設等、各関係機関が支援と連携を強化して欲しい。

〇児童数の少ない小学校区には優先的に住宅を整備し、在学中の家賃は無料にする。

〇こども園の運動会・クリスマス等イベントで配布されるお菓子やパン、ジュース等、子どもが口にするものを健康や体に優しいものにして欲しい。

その他ご意見につきましては、今後の子ども・子育て支援行政の参考にさせていただきます。

 

 


お問い合わせ

知名町子育て支援課

891-9295 鹿児島県大島郡知名町大字知名307番地

電話番号:0997-84-3170

ファックス:0997-93-3115

ページのトップへ戻る

reserve1

reserve2

reserve3